歯医者に通って元気な歯を維持|口内無問題エブリデイ

白い歯

歯垢を除去

治療

口内で発生したプラークには膨大な量の細菌が含まれており、虫歯や歯周病といった口内の疾患を引き起こしてしまいます。虫歯や歯周病を予防するためには口内のプラークを除去するためのオーラルケアが必要不可欠です。歯ブラシを使ってブラッシングを行い、プラークを除去しているという方は多くいますが、それだけでは不十分です。丁寧にブラッシングを行っても、口内にあるプラークの60パーセントほどしか除去することが出来ないと言われています。ブラッシングは歯と歯肉の間などに入り込んだプラークは掻き出すことが出来ますが、歯と歯の間に発生したプラークは除去することができません。歯と歯の間に発生してしまったプラークを除去したいと考えているのであれば、デンタルフロスを使用してオーラルケアを行いましょう。
デンタルフロスとは、歯と歯の間を通す糸のことで、ブラッシングでは除去することが出来ない部分のプラークを除去できます。虫歯や歯周病を防ぐことが出来るだけでなく、歯茎を引き締める効果もありますので、健康な口内を守りたい方はデンタルフロスを使用しましょう。デンタルフロスを使用する際には、間違った使い方をすると歯茎や歯を傷つけてしまう可能性があります。正しい使い方をするためにも、一度歯科クリニックに行ってデンタルフロスの使い方を指導してもらうとよいでしょう。また、近年は様々なタイプのデンタルフロスが登場していますので、最も自分に合っているものを見つけることがケアを継続させるのに大切な要素と言えるでしょう。